デザート デザート KC コミックス一覧 投稿者の方はコチラ!! ニュース一覧
TOPページラブデザデザート20年の“はじめて”を振り返る 20thレジェンド座談会

デザート20年の“はじめて”を振り返る 20thレジェンド座談会
デザート20年の“はじめて”を振り返る 20thレジェンド座談会

1997年7月24日、「特集読み切り誌」として誕生した「デザート」。
今日まで本当にいろいろなことがあった20年間を、今回は20代~40代の
「デザート」愛読者の女子たちに、その歴史を彩る作品たちとの思い出を中心に
振り返ってもらいました。みなさんもぜひご自身の「デザート」初体験を
思い出しながらお楽しみください!
<参加メンバー>
あみ
あみ
創刊当時からの愛読者。
webデザイナー。
AYU
AYU
「イケメン大好き♥」な
アラサーOL。
ありー。
ありー。
正統派少女漫画ファンの
既婚女子。

S子
S子
マンガLOVEの
ドS男子好きOL。
ふ~みん
ふ~みん
“夢みる乙女系”
元書店員。
しのぶ
しのぶ
青春を漫画で埋めて生きてきたフリーライター。
シマシマ
シマシマ
“王子様男子”好きの
IT系女子。
しーげる
しーげる
デザート在籍19年の
現編集長。

年表

女の子のリアル!

あみ :
創刊号のキャッチコピーは「恋愛至上主義コミック誌」。表紙の栗原まもるさんの
イラストがすごく素敵でかっこよくて、創刊当時の「デザート」にはオシャレで
都会的なイメージがありました。いまみても栗原さんの絵、迫力がありますよね!


しーげる :
栗原まもるさんの『…青春中!』をはじめ、木村千歌さんの『カンベンしてちょ!』、
そしてももち麗子さんの「問題提起シリーズ」などが当時話題になりました。


AYU :
私が初めて読んだ「デザート」作品が、ももちさんの『であい』でした。
当時まだ中学生だったんですけど、単行本で『きずな』や『めまい』を読んで…。
それもあって、「デザート」には“ちょっとH”で“リアル”なイメージがありました。


S子 :
あと都会っぽいイメージなかった?


ありー。 :
ありました! 私も当時は学生で田舎住まいだったけど、「問題提起シリーズ」を
読んで、「東京ではとんでもないことが起きている! すごい!」とドキドキ
ハラハラして。なかでも特に覚えているのが、ドラッグがテーマだった『めまい』。
学校の先生が「時間があるときに読みなさい」って教室に置いていて。
「HIV」って言葉も「問題提起シリーズ」で初めて知りました。


いたみ
ももち麗子「問題提起シリーズ」 「いたみ」「めまい」「ねがい」「であい」ほか電子版発売中!

いたみ
STORY
恋愛、いじめ、校内体罰、レイプ、ドラッグ、援助交際…当時の女子高校生たちの
身近に潜む悩みや問題をリアルに描き、TVドラマ化もされたシリーズ累計700万部超発行の大ヒット作。


ありー。:
ももちさんの作品は、援助交際にしろドラッグにしろ、「怖さ」だけじゃなく
最後まで読むと爽快感もありました。


S子:
そうだね。主人公が最後にはちゃんと問題に向き合って戦いきってくれるから、
きっと教材には最適なんですよね。


しーげる:
あの頃のももちさんはよく講演にも招かれていました。


一同:
へ~(驚)!


しーげる:
「問題提起シリーズ」を原案にした『R-17』というTVドラマも放送されました。
「デザート」初のTVドラマです。


ふ~みん :
時代にすごくマッチしていたというか…。


あみ:
それはありますよね。「問題提起」に限らず、「デザート」作品って
「リアル」だなって印象を当時から持っていて。例えば、この時期「デザート」の
作品が描いていたのは大半が「女子高生」か「女子大生」ですよね。舞台も
「渋谷」や都会の街が多くて。まさに「援助交際」や「チョベリバ」、
「アムラー」といった「女子高生」発信の言葉が流行語(いずれも1996年に
「流行語大賞」ベストテン入り)だった時代でしょ。


S子:
「渋谷」はまさに文化と流行の中心でした。109にみんな集まって。


あみ:
ね。「デザート」の作品って、この頃から変わらずその時代時代の「いまの女の子」
が主人公にいる雑誌だなって思うんです。


S子:
確かに当時の「デザート」の主人公やメイン読者層はいわゆる“ギャル”ですね。
創刊号の誌面を見渡すと、プレゼントページには一世を風靡した109ブランドの
ものとか、ギャル好みのラインナップ。かと思えば、ICレコーダーまである!


ふ~みん:
「危ない目に遭いそうな時は録音しろ」ってことだったのかな(笑)。


しのぶ :
バックプリントもヒョウ柄ですね(笑)。


シマシマ :
私は働き出した頃だったから、デザートを読んで「いまの女子高生って
楽しそうだし大変そう」って、ちょっとうらやましく読んでいました(笑)。


しのぶ:
あと、違う角度での「リアルさ」だと思うんですけど、私は同時期の「デザート」で
大好きな作品があって。『いのちの輝き』(森尾理奈)という、長野オリンピックを
目指していたスキーヤーの方の実話を描いた作品でボロボロに泣いたのを覚えて
います。家族や恋人への想いが切なくて…。


いのちの輝き
森尾理奈『いのちの輝き』
電子版 全1巻 発売中!


いのちの輝き
STORY
長野で開かれる冬季五輪出場を目指すスキーヤーの徹は、留学先のカナダで
出会ったフェリーサと恋に落ち、「五輪が終わったら結婚しよう」と約束するが……。
実在した天才スキーヤーの森徹さんの感動の実話を描いた、実録コミックの大傑作!


あみ:
あ~そうそう! 涙が出てしまうような実話モノもたくさん載ってましたよね。
読者から応募した「体験手記」を元にした漫画も面白かった。


しーげる:
「体験手記」モノの募集をしはじめたのは、創刊2年くらいした頃からですかね。
投稿はもちろん、当時は「私の体験を漫画にしてください」というお手紙や
お電話も多くいただきました。まだブログやSNSもなかったから、「自分の体験が
漫画になる」というのを魅力に感じてもらっていたんですね。


S子:
2000年を超えると、水商売を描いた作品も印象的でした。『綾。ホステス、
18歳。』(みづき水脈)大好きでした! これも藤森直子さんの実体験が原案だけど、
世間的にも憧れの職業ランキングに「キャバ嬢」が入ったりしていてね。
やっぱ主人公と読者の距離が近いから、いま読み返しても「デザート」作品に
「リアル」を感じるんだろうなあ。


年表

女子の夢がいっぱい!

ふ~みん:
創刊5周年号の表紙は真崎総子さん! 正直、私この頃はまだ小学生で、デザートは
リアルタイムでは全然読んでなかったんですが、この間はじめて『神奈川ナンパ系
ラブストーリー』読んで。面白かった~!


ありー。:
『神奈川~』はタイトルも過激だったので、表紙を隠して買っていました(笑)。
真崎さんはほかにも『BISEXUAL』とかも読みたかったけど、タイトルの言葉や
コミックスの帯が恥ずかしくて(笑)。


一同:
(笑)。


しーげる:
この頃の「デザート」の表紙には「おもしろくてH、そして感動」ってキャッチ
コピーが載っていましたからね。当時人気を集め始めていたのが、真崎総子さんに
栄羽弥さん、丘上あいさんたちでした。


やさしい子供のつくりかた
丘上あい『やさしい子供のつくりかた』
電子版 全6巻 発売中!


やさしい子供のつくりかた
STORY
「好き」も「キス」も「H」も、よくわからない。だけどタケシは自分が、幼なじみの
花子のことを「大事にしたい」と思っていることに気づいて……。ピュアで一途な
タケシと花子。ふたりの恋と成長を通して、理想の恋とHを描いた大人気シリーズ!


AYU:
丘上あいさんの『やさしい子供のつくりかた』大好きでした! すっごく一途な
ふたりのラブストーリーに本当に憧れて、何度読み返して何度大泣きさせられたことか。


ふ~みん:
私もです…! 帯のキャッチ「好きな人とHしたい♥」って読む前は(照)なのに、
読み終わると「ほんとにそう!」って叫びたくなっちゃう!


しのぶ:
栄羽弥さんの『コスプレ☆アニマル』も大好きでした!


ありー。:
わかります! 私の第一印象は「なにこのかわいい絵」!


ふ~みん:
服や下着も可愛いんですよね!


コスプレ☆アニマル
栄羽弥「コスプレアニマル」
電子版全14巻 発売中!


コスプレ☆アニマル コスプレ☆アニマル
STORY
コスプレ命な19歳、リカの誰にも言えない願望は”制服でHすること”!!
ある日、女子高生のフリをして出会った高校生・元を好きになったけど、
「本当は女子高生じゃない」と言い出せなくて……!?


あみ:
私は舌の描き方もうまいなあと思っていました。


ふ~みん:
あー! キスシーンの女の子の顔もエッチで(照)!


しのぶ:
そう! そもそも主人公がコスプレして街に出ちゃうところからはじまるって、
当時やっぱちょっと衝撃的で。でも主人公リカちゃんが、頭の中はすごく純粋で
可愛いんですよね。


AYU:
彼氏の元も、元の親友のアラタもカッコよくて可愛くて、「あ~、こんな男の子たちに
取り合われたい!」って夢見ながら読んでました(笑)。
元ってすっっごくエッチなのに、いつだって一途にリカのことを思ってる。
リカへの性欲(♥)以外はストイックなのもかっこいい!


ふ~みん:
私はアラタくんの当て馬っぷりが…! 親友の元への友情と、リカへの恋心に
揺れに揺れるんだけどやっぱリカを抱きしめちゃう…みたいな(照)!! 
何度読んでもきゅんきゅんする…(悶)!


S子:
(笑)。同時期だと真崎さんの『BOYSエステ』はいわゆる「逆ハー」設定で、
「男の人に囲まれて生きよう」的な内容で、TVドラマにもなりましたよね。


BOYSエステ
真崎総子『BOYSエステ』
電子版 全7巻 発売中!


BOYSエステ
STORY
初Hの夜、三段腹で彼氏が萎えたショックで不登校になった静香は、
エステティシャン研修所の被験者になってやせないかと誘われる。
研修所は恋愛禁止。でもイケメンだらけで危険な予感!?
テレビ東京系列でドラマ化。中村蒼や斎藤工が出演し、話題になった。


シマシマ:
私の憧れの世界がそのまま描かれてる感じでした!


ありー。:
私、エステもこの作品ではじめて興味もったかも。…エステだとぜんぶ脱ぐの!? みたいな。


シマシマ:
んな夢と憧れの(笑)作品が増えてしまったから、心の中で「キャーキャー」と
叫びつつ、目移りしながら「デザート」を読んでいました。


S子:
時代的にも、女子の憧れの形が「愛され女子」や「モテ」に変わった時期でしたよね。
この頃は「モテファッション」とか「エビもえ」が流行り出して、女性誌の特集も
「モテる女でいよう!」的なものが多かった。


しーげる:
この頃は、雑誌にとっても大きな転換期でした。いま話題に挙がった『やさ子』や
『コス☆アニ』『BOYSエステ』など、事実上の連載作品が人気を得るようになり
「デザート」は次第に連載作品中心の雑誌に舵を切るようになります。この頃の
作品は電子版でいまもたくさんの人が読んでくれています。


ふ~みん:
なるほど。「おもしろくてH、そして感動」って最初きいたときは「贅沢だな」
とも思ったけど、変わらない女子の夢なんですよね。女子の贅沢な夢に「デザート」
作品はしっかり応えてくれてる(笑)。


年表

一緒に“はじめて”!

S子:
女子の夢といえば、スターモデルの蘭丸と付き合っちゃう吉野マリさんの
『桃色ヘヴン!』! 創刊10周年の2007年から連載が始まっているんですね。
あ~やっぱスターとつき合うって憧れの頂点ですよね。


AYU:
(激しく同意)うんうん!


しのぶ:
『桃ヘヴ』といえば、蘭丸の「俺様感」が……♥


ふ~みん:
9月号のふろくCDでも蘭丸の“あのセリフ”、ヤバイですよ!もう、キャ~って感じ。


桃色ヘヴン!
吉野マリ『桃色ヘヴン!』
電子版 全13巻 発売中!


桃色ヘヴン!
STORY
女子高生の桃子は、実は愛原ジョージという名の人気官能小説家。
そんな桃子の彼は、人気絶頂のスーパーモデル・蘭丸なんだけど……!? 
電子版でも大好評のハイテンションラブコメディー!


ありー。:
主人公もいい感じでサバっとしてて、2人のバランスが楽しいですよね。


あみ:
そうね。主人公の桃子は官能小説家だったお父さんが亡くなって、ペンネームを継いで
官能小説を書かなくちゃいけなくて。いろいろ暗くなってもおかしくないような
バックグラウンドも背負っているんだけど、根が明るくてへこたれないのが、
読んでいて気持ちいい!


しのぶ:
料理もできるし、良妻賢母タイプ。そんな桃子の性格が蘭丸のなかの「俺様」を
刺激するんでしょうかね(笑)。


ありー。:
そうかも! 「俺様」とか「ドS男子」が流行った時期だったけど、この頃の
少女漫画って、主人公の女の子がみんな料理できてた気がする! そういう子って
いじり甲斐(?)があるのかな(笑)。桃子が蘭丸に焦らされるたびに、
いつ“いたす”んだろうとヤキモキして(照)。


S子:
確かに! 蘭丸ってチャラいくせに桃子と“いたす”までは結構長いんだよね。
キスまでは一瞬なのに(笑)。私、それって蘭丸が桃子に甘えてるからかもって
感じながら読んでた。実はしっかり者の桃子を蘭丸はちゃんと尊敬してるしすごく
大事にしてる。いい意味で安心してるし、甘えてるから焦って抱かない(笑)。


しのぶ:
それに、『桃ヘヴ』に限らないけど、吉野さんの作品はいつも、ふたりの心が
通じ合うまでがすごくていねいに描かれるから、Hなシーン満載なのに子どもにも
安心して「読みなさい」って言えちゃう。…息子だとちょっと考えるけど(笑)。


ふ~みん:
あ、そういうことなら私は、息子ができたら『好きっていいなよ。』(葉月かなえ)
を勧めるかな!


しのぶ:
確かに息子が大和くんみたいになったら嬉しいね(笑)。


あみ:
そういえば『好きっていいなよ。』と『となりの怪物くん』(ろびこ)って
同じ2008年に連載スタートなんですよね!


しーげる:
『好きなよ。』と『とな怪』は、「デザート」にとってはじめてのアニメ化も同時。
作品がものすごく多くの人に愛され広がっていくのを実感しました。


『となりの怪物くん』
『となりの怪物くん』
お試し読み 作品紹介


『好きっていいなよ。』
『好きっていいなよ。』
お試し読み 作品紹介


デザート
STORY
『好きっていいなよ。』『となりの怪物くん』Wアニメ化は
初のコラボ表紙でも報告。


AYU:
『好きなよ。』は2014年に実写映画化されて、2018年には『とな怪』も
実写映画化決定です。楽しみです!


ふ~みん:
実は私、この2作が「デザート」作品の初体験。
どっちもとにかく可愛いんです、みんな。


S子:
そうね。『好きなよ。』は登場人物それぞれの髪型が、全然違うのも新鮮でした。


しーげる:
葉月さん、髪型にはすごくこだわっていました。めいの髪が少しずつ伸びていく様子とか。


しのぶ:
そうなんですよね! 髪が伸びていく様子が、ぼっちだっためいと大和の恋が
進むのとリンクしてて。めいの「かわいくなりたい」って気持ちが絵から
伝わってくるようで、すごく共感したのを覚えてます。


『3D彼女 リアルガール』
那波マオ『3D彼女 リアルガール』
お試し読み 作品紹介


3D彼女 リアルガール
STORY
高3の光はいわゆるオタク少年。ゲームやアニメの二次元の女の子さえいれば、
一人で生きていけると思っていた。ところが、超絶3D(リアル)女・色葉から、
いきなり告白されて…!?


ありー。:
私は、同じく2018年実写映画化が決まった『3D彼女 リアルガール』が始まった
ときも新しい風を感じましたよ。オタク男子が主人公って、「デザート」では
いままでなかったですよね。


S子:
つっつんってはじめての男子像でしたよね。「デザート」に限らず、少女まんがって
やっぱ、モテる男子が多かったですもん。


シマシマ:
でも、つっつんを見ていると「こんな風に大事にされたい」って思うんです! 
あとは『たいようのいえ』(タアモ)の基。うらやましいなあ。


AYU:
みんなや主人公が男の人や恋に求めるものが変わったのかも。『BOYSエステ』や
『コスアニ』の「いい男に囲まれたい」「いい男をおとしたい」っていうのはリア充への
「憧れ」だったけど、『好きなよ。』や『とな怪』以降って「好きな人と一緒に恋を
知っていく」作品が増えた気がします。


ふ~みん:
確かに! 主人公だけじゃなくて、男女それぞれに共感しながら読めるというか…。
『好きなよ。』のなかに「恋を知って人を知る」というモノローグがあるんですけど、
ホントにその通りだなあと。


しのぶ:
あとチーム感(笑)! 『たいようのいえ』の真魚もそうですけど、『好きなよ。』の
めいや『とな怪』の春や雫たちのまわりに友達や家族ができていくのも、読んでいて
嬉しくなるポイントでした。


AYU:
完結したばかりの『ライアー×ライアー』(金田一蓮十郎)は「ぎきょうだい」の
恋だったけど、これもすごく身近に起こる恋のお話ですよね。


S子:
他誌を見てもこの時期人気だったのは『君に届け』とか『L♥DK』とかで。
スターや有名人との「憧れの恋」から、もっと近い人、「半径2m」とか、
もしかしたら距離50cmくらいの恋の素敵さや理解り合う素敵さをテーマにした
作品が人気になった印象があるよね。


『たいようのいえ』
『たいようのいえ』
お試し読み 作品紹介


『ライアー×ライアー』
『ライアー×ライアー』
お試し読み 作品紹介


しのぶ:
同性・異性にかかわらず、自分と理解り合おうとしてくれる人に囲まれているって
いうのが、いまの女子にとっては「憧れ」なんですよね。


ありー。:
こうして20年通してみると、女の子のほしいものやしたいことが詰まってて楽しいなあ。


年表

これからもいろんな男子(!?)と、女子の“はじめて”がいっぱい!

ふ~みん:
そして2014年にはロゴもデザインも一新するんですよね! リニューアル号の
表紙がピカピカして目立ってた。その号から始まったのが『私たちには壁がある。』
(築島治)でした。


S子:
ほんとだ。すぐに『春待つ僕ら』(あなしん)も始まって、『セキララにキス』
(芥文絵)、『恋わずらいのエリー』(藤もも)……キラキラしてるなあ。まぶしい!


あみ:
それにしてもいろんな男子がいますね、いまの「デザート」。


ふ~みん:
どの男子が好きですか? 私は…やっぱ祐介(『私たちには壁がある。』)!
ササヤン(『となりの怪物くん』)もオミくん(『恋わずらいのエリー』)も
捨てがたいけどやっぱ安孫子祐介…。


『私たちには壁がある。』
『私たちには壁がある。』
お試し読み 作品紹介


どうしても報われない脇キャラに魅かれちゃって、「…じゃあ私が推すわ!」って
思っちゃう(笑)。「私がこの人をセンターにしてあげたい!」って。


AYU:
私は優しくて包容力のあるタイプが好きなので、『春僕』だと永久が好き。


あみ:
やっぱあやちゃんでしょ。


ふ~みん:
永久はピュアなところがありますよね。


S子:
あの不器用さが可愛いんだと思う。


AYU:
永久は、高校のときに好きだった人に似てて…。


S子:
え? 自慢(笑)?
てゆうか、『春僕』の男子キャラって、すごく身近に感じるというか
等身大な感じはしますよね。こうして女の子どうしで「誰がいい?」とか
「◯◯に似てる!」とか、話題にしやすくて。


しのぶ:
「ぼっちだった美月に仲間が集まって…」っていう展開も含めて、今の時代の
空気なのかなって。いい意味で自然に男子とも仲良くなって、その中で恋をして
友情も育んで、みたいな。


S子:
女子高校生たちのファッションもね。ギャルとかモテとかというより、黒髪の子も
増えたし、制服のスカートもまた長くなってる。


しーげる:
一昔前は、読者の人たちもちょっと背伸びして「漫画みたいな恋をしたい」って
思っていたのが、「身近のなかの大きな幸せ」をリアルにも漫画にも求めているの
かなって気はしています。


ありー。:
『恋わずらいのエリー』(藤もも)は、まさにそういう欲求に答えてくれる作品だな
って思います。「妄想」…するもんね(笑)。


ふ~みん:
しちゃう! あ~やっぱ夢いっぱいだなあ「デザート」。


S子:
こうして20年を振り返ると、デザートは常に時代に沿って、読者のニーズにこたえた
作品を生み出してきてるんだなって改めて感じました。


ありー。:
私はやっぱりこれからも素敵なイケメンをたくさんみたいですね!


AYU:
「デザート」を読むだけで、「今の女の子たちはこんな感じなんだ」とわかる気が
しますよね。女の子の気持ちをずっと大切に描いていてくれてるから、これからも
そんな漫画をたくさん読ませてもらいたいです!


ふ~みん:
ていうか20周年記年号(デザート9月号)読みました!? すっごい面白いですよ!!!!


しのぶ:
…WEBでも、やっぱりページ足りないですね(笑)。


シマシマ:
企画のこととか、付録のこととかも話したかったのに。


S子:
しゃべりたりない作品たっくさんありますよ!


しーげる:
いやいやありがたい限りです。


あみ:
しゃべり尽くせない(苦笑)。ということで、またやりましょう!





『となりの怪物くん』実写映画化決定!!

『3D彼女』実写映画化決定!!

感謝の気持ちを込めて製作した「デザート」創刊20周年記念PVを公開!

全作家描き下ろしスタンプ画像プレゼント!!

↓全連載作の第1話 無料で読めます!!↓
ぜ~んぶ無料!! 全作品第1話まるごとお試し読み CLICK!

デザートがもっと好きになるスペシャルコンテンツ「ラブデザ」はこちらから


別冊フレンド×デザート ラブきゅん少女まんがフェア



atomがわが家にやってくる。人口知能ロボット 週刊鉄腕アトムを作ろう!