デザート デザート無料お試し読み KC コミックス一覧 投稿者の方はコチラ!! ニュース一覧
TOPページラブデザ岩下慶子さんスペシャルインタビュー
眼鏡ツーブロックな松永さんに夢中な人続出中!
『リビングの松永さん』4巻発売記念
岩下慶子さん、スペシャルインタビュー!!

眼鏡ツーブロックな松永さんに夢中な人続出中!
『リビングの松永さん』4巻発売記念
岩下慶子さん、スペシャルインタビュー!!

※このインタビューはコミックス4巻のネタバレを含みますので、
未読の方はご注意ください!(雑誌派の方は大丈夫!)


『リビングの松永さん』がついに4巻の発売! ということで、作者の岩下慶子さんに
インタビューしちゃいました! 最新4巻の見どころはもちろん、キャラクターのこと、
シェアハウスが舞台の年の差LOVEがどうやって作られたかなどなど、
たっぷり語っていただきました♪
(取材・文/デザート編集部)


リビングの松永さん
「リビングの松永さん」(4)
岩下慶子

お試し読み 作品紹介
STORY
親の事情で叔父が経営するシェアハウスに住むことになった女子高生のミーコ。家事に不慣れなうえに、住人はちょっと変わった大人ばかり。しかも一番年上の松永さんはちょっと怖いけど、じつは世話焼きで!!?


『リビングの松永さん』4巻をCHECK&購入する


――『リビングの松永さん』の4巻が発売されましたね!
今回は4巻の発売を記念して、本作の誕生秘話から
最新巻の見どころまでいろいろと聞かせてください。
どうぞよろしくお願いいたします!


岩下:
はい、どうぞよろしくお願いします!


――既刊も続々重版中で話題沸騰!
松永さんとミーコの年の差LOVEにきゅんきゅんしている方は
多いのではないかと思います。


リビングの松永さん
あらすじ:
親の事情で叔父が経営するシェアハウスに住むことになった女子高生のミーコ。
家事に不慣れなうえに、住人はちょっと変わった大人ばかり。
しかも一番年上の松永さんはちょっと怖いけど、じつは世話焼きで!!?
⇒1話目のお試し読みはコチラ


  ■“大人男子を描きたい”からはじまった!


――最新4巻の見どころをうかがう前に、
まずは『リビングの松永さん』がどういう経緯から
誕生した作品なのか、ということから教えてください!


岩下:
いまの設定にたどり着くまでにはいろんな経緯があるのですが、
最初は “どういう男の子を描きたいか”という部分から考えていきました。
そのときに思ったのが、“大人男子を描きたい”ということでした。
…ただ、主人公が女子高生で、その相手が大人な男性となると、
先生や兄の友人など、想定できる設定が限られてくるな、
というのが最初の難問で…。

そんなときに、担当編集のKさんから「シェアハウスを舞台に
したらどう?」という提案があった
んです。


リビングの松永さん
女子高生がシェアハウス暮らしなんて、まさに夢シチュエーション!
“同居”することで描けるシーンの幅もぐんと広くなる。


編集K:
もともと『デザート』に1本、シェアハウスものがあったらいいな、
と思っていたんです。ただ、やるなら“大人”をしっかり描ける作家さんに
描いてもらいたい。それならば岩下さんはピッタリだなと思いました。


岩下:
私は末っ子なのですが、子供の頃に姉の友人たちがよく家に遊びに
来ていて、すごくかわいがってもらった記憶があるんです。
年上のお兄さんやお姉さんがかまってくれるのが嬉しくて。
その気持ちは、年齢が高校生になっても変わらないだろうし、
シェアハウスならそういうおいしい状況をたっぷり描けるのでは
ないかと思いました。


――では、早い段階でかなりスムーズに設定が決まっていったんですね!

岩下:
いや…実はそこからが意外と難しかったんです(笑)。
女子高生をどうシェアハウスに住ませるのか、
どういう状況ならば不自然ではないのか悩みました。


――そこで、叔父さんが出てきたんですね。

岩下:
はい。多少強引ではありますが(笑)、
自分に娘がいたら、どういう状況ならば安心して預けられるかな?
と考えて、親族が運営しているシェアハウスならば安心だろう、
というところに落ち着きました。


  ■“松永さん”は姓名判断で命名!?


――そうして物語全体の枠組みが決まり、次にキャラクター設定を
決めていったのかなと思うのですが、主人公の2人はどうやって
誕生したのでしょう?


岩下:
ミーコについてはシンプルで、髪の毛は前髪ありのロング、
“ザ・女子高生!”というシルエットにしたいと決めていました。


リビングの松永さん
明るい茶色のロングヘアはまさに王道の女子高生!

――行動も等身大の高校生!という印象です。

岩下:
私がいままで描いてきた主人公はわりと大人びている子が
多かったのですが、自分の高校生時代を振り返って、
“高校生らしさ”にチューニングを合わせていった
感じです。


――松永さんはどうでしょう?

岩下:
松永さんについては、紆余曲折ありました(笑)。
一日中、家にいて、シェアハウスの主(ぬし)になるような
仕事って何だろう
と考えて、最初は映像作家という設定にしていたんです。
ただ、私自身が映像作家に詳しくないので、どうしようかな…
と悩んでいた時に、Kさんに「デザイナーはどう?」と提案されて。
松永さんって“俺の力で相手を幸せにしてやる!”というタイプ。
それだったら、作品で見る人を喜ばせるデザイナーという仕事は
確かにピッタリ
だなと思って決めました。


――ビジュアルはどうですか? もう松永さんといったら
ツーブロックに眼鏡がトレードマークですよね!


編集K:
最初に7、8パターンくらいイメージビジュアルを描いて
くださいましたよね!


岩下:
そうでしたね!
ただ、どのビジュアルにするか決めきれない時にKさんと
前髪なしはどうかという話になって、そこからいまのフォルムに
たどり着いた感じです。
あと…たまたまだと思うんですけど、私が出会うデザイナーさんが
みんな“ツーブロック眼鏡”スタイルだったんです(笑)。


――個人的には、ふと眼鏡をはずしたときや、風呂上がりで前髪を
おろしている時の普段とのギャップが堪りません!


リビングの松永さん
髪型の変化や眼鏡のあり、なしでガラッと雰囲気が変わる松永さん。
変化の幅が広いことで、魅力も倍層しています♥


――これ、すごく聞きたかったのですが、
“松永さん”という名前はどうやって決めたのですか?


岩下:
タイトルに『リビングの●●さん』と付けることになっていたので、
イケメンっぽくてメジャーな名前がいいなあと思いつつも
どうしようか悩んでいて…で、最終的に姓名判断で決めました!(笑)


――えぇ! そうなんですか!?

岩下:
はい(笑)。
“松田 純”や“五十嵐 純”など、ほかにもいくつか字面や雰囲気が
かっこいいなと思う名前を絞り込んで、姓名判断のサイトでチェックをしました。
それで、もっとも彼らしいものということで“松永 純”になったんです。
実際、姓名判断で名前を入れてもらうと、「ああ、確かに松永さんって
こういう性格だよね!」という結果が出てくる
と思います(笑)。


編集K:
ちなみに、凌くんの名前も同じ方法で決めていますよ。


――それはおもしろいですね!!
登場人物たちの名前をつい検索してしまいそうです(笑)。


  ■あの名シーンは実話がネタ元!


――本作を描くのに、シェアハウスの取材もされたんですよね?

編集K:
そうなんです。
たまたま私の知り合いからシェアハウスのオーナーさんを
紹介してもらえて、取材ができました。


岩下:
あの取材のおかげで、イメージがいっきに膨らみました!
行ってみるまでは、一緒に暮らすといっても他人同士だし、
どこかよそよそしかったりするんじゃないかと思っていたんです。
でも、生活をのぞいてみるとすごく楽しそうで、まさに家族という雰囲気でした!


――マンガに生きた具体的なエピソードはありますか?

岩下:
もうたくさんあります!
たとえば松永さんの誕生日のシーンで出てくるケーキの保存方法は、
まさにその取材で聞いた話
です。


リビングの松永さん
シェアハウスは冷蔵庫が共有でサプライズのケーキの保存場所がないので、
きんきんに冷やした部屋を冷蔵庫代わりにする、というシーン。


岩下:
それから、カギが壊れて2人がトイレに閉じ込められちゃうシーンも
シェアハウスで聞いた話からふくらませていった
んです。


リビングの松永さん
トイレに閉じ込められてしまったミーコと松永さん。
2人のやりとりがかわいすぎる、1巻の名シーンです!


岩下:
実際、取材で聞いたのはトイレだったかお風呂の鍵が壊れて
閉まらなくて大変だ、という話だったのですが、
本作では設定を逆にしています。


――他人同士が暮らすシェアハウスだからこそ、
トイレやお風呂の鍵が壊れたら確かに一大事ですね…!


岩下:
そうなんですよね。ほかにも、取材したからこそ
気づいたポイントがたくさんありました!


――そういう取材で得た細かなエピソードから、ドキドキするのに笑える、
『リビングの松永さん』らしいシーンが生まれているんですね!


岩下:
このシーンは私もとても気に入っています!
女子高生の前で「ションベンしたくなってきた」と言いながら
ファスナーを下ろそうとする男性を描いた少女マンガは、
きっとそうはないですよね(笑)。
シェアハウスならではのエピソードと、ミーコと松永さんという2人が
主人公だからこそ成立したシーンだと思います。


  ■一番大事にしていることは“ここに住みたい”と思うかどうか


――シェアハウスのシーンで、特に気に入っているシーンはありますか?

岩下:
1巻に出てくる“みんなで雑魚寝”が好きですね。
やっぱりこの作品ならではのシーンなので。


リビングの松永さん
テレビを見ながら飲んだり食べたりして、気づけばリビングで雑魚寝。
みんなの“仲良し”な雰囲気に「こんなシェアハウスに住みたい!」と
思った人も多いはず!


――このシーンを見て、私はシェアハウスっていいなあと思いました!

岩下:
実は本作を描くのに、一番大事にしているのはその部分なんです。
読んでくださっている人が、彼らの様子を見て
「いいなあ、私もこの空間にいたいな」と思ってもらえたら
すごくうれしい
です。


――いち読者としては、時々でてくる、松永さんのミーコに対する
お母さん的な振る舞いも好きです!(笑)


岩下:
実は初期の段階からお母さん的な要素を
持たせよう
というのも決めていました。
お兄さんのようでありながら、お母さんみたいに世話を
焼いてくれて、最高の愛情を注いでくれる男の子がいたら
最高じゃないかと思う
んですよね(笑)。


――わかります!

岩下:
私は自分が恋できるキャラクターじゃないと描けないタイプ。
松永さんについては「ああ、もうなんでこんなことするんだろう!」と
思うことも多いのですが(笑)、でもそういう不器用なところが
愛おしいなあと思いながら日々、描いています。


――情が深くておせっかいで、けっして一筋縄ではいかない、
そんな男性像こそが松永さんの魅力だなあと読者としても思います。
でも、ミーコは大変な人を好きになっちゃいましたね…!


岩下:
ほんと、そうですね(笑)。


  ■最新4巻は“変化” の巻!


――そして4巻は、そんな2人の関係が変わってくる予感…ですね!

岩下:
まさに“変化”の巻です!
松永さん自身は「あれ?」という感じだと思いますが、
みなさんには彼の気持ちにこれまでとは違う変化が
生まれているところをぜひ楽しんでもらいたい
です。


リビングの松永さん
頭突きからの見つめ合い、そして沈黙する松永さん。
「いまの沈黙、一体なに…(///ω///)」と、読者もドキドキすること間違いなしです!!


――さらにシェアハウスのみんなのキャラクターもぐっと見えてきましたね。

リビングの松永さん
JKのミーコから見たら大人な朝子さんも、悩みを抱える一人の女性。
飾らない朝子さんのセリフが沁みます…(>ω<)


岩下:
はい、そうなんです!
朝子さんについては、完璧なのにどこか自信なさげな理由について
いつか描きたいなと思っていた
ので、今回、いいタイミングで描けました。
それから、凌くんも活躍します!


リビングの松永さん
バイト仲間になったミーコと凌くん。
最新刊では凌くんが笑顔を見せるシーンも…!!!


――凌くんは、最初からどんな子なのかなとずっと気になっていました!
普段はクールなのに、実は優しいキャラクターがツボです!


岩下:
凌くん、本当にやさしいんですよね。


――でも、まさかこんなかたちでミーコと松永さんに
関わることになろうとは…!


リビングの松永さん
松永さんがこんな表情を浮かべるそのワケは…!?
ぜひコミックス4巻でお確かめください!


岩下:
そうですね(笑)。
凌くんの存在は、松永さんの変化のきっかけにもなるので
ぜひ注目してみてもらえたらと思います!


――そして!! なによりミーコがついに行動を起こしましたよね!

岩下:
はい、がんばりました!
そんなミーコのがんばりがあったので、
今回のカバーはミーコが上で松永さんが下と、
いままでとは立ち位置を逆転させている
んですよ。


――そういう仕掛けもあったんですね! 次巻以降がどんなカバーになるのか、
それもこの先の2人の展開次第…ですね。続きがますます楽しみになりました!
では、最後になりますが読者のみなさんにひと言いただけますでしょうか。


岩下:
なかなか関係が進展しないなと思っている方もいるかもしれないのですが、
ドキドキするシーンや喜んでもらえるシーンはこれからもしっかり
いれていきますので、どうぞ楽しんでください!


――今日はありがとうございました!

『リビングの松永さん』最新4巻、絶賛発売中です! そして、これからも応援よろしくお願いします!



リビングの松永さん

第1話無料お試し読み 作品紹介ページはこちらから
第4巻お試し読み 購入はこちらから

デザートがもっと好きになるスペシャルコンテンツ「ラブデザ」はこちらから



atomがわが家にやってくる。人口知能ロボット 週刊鉄腕アトムを作ろう!