デザート デザート無料お試し読み KC コミックス一覧 投稿者の方はコチラ!! ニュース一覧
TOPページラブデザ馬瀬あずささんスペシャルインタビュー
この先輩「かっこよすぎ♥」と大大大ヒット中!
『まいりました、先輩』4巻発売記念
馬瀬あずささん、スペシャルインタビュー!!

この先輩「かっこよすぎ♥」と大大大ヒット中!
『まいりました、先輩』4巻発売記念
馬瀬あずささん、スペシャルインタビュー!!

※このインタビューはコミックス4巻のネタバレを含みますので、
未読の方はご注意ください!(雑誌派の方は大丈夫!)


『まいりました、先輩』4巻の発売を記念して、作者の馬瀬あずささんにインタビュー!
「2人みたいな恋したい♥」と、憧れ度MAXな世里奈×水川先輩カップルの誕生秘話、
ストーリーがどう作られているのか、最新4巻の見どころまでたっぷりお話いただき
ました! ぜひコミックスと合わせて読んでくださいね♥
(取材・文/デザート編集部)


まいりました、先輩
「まいりました、先輩」(4)
馬瀬あずさ

お試し読み 作品紹介
STORY
ある日、世里奈の机に書いてあったラブソングの歌詞のラクガキ。それを書いたのは1コ上の水川先輩。なんとか先輩に近づきたい世里奈だけど、めちゃめちゃ冷たいし、明らかに脈ゼロ…。でも先輩の不器用だけど優しいところをしって、思わず先輩に告白しちゃって…!?
コミックス④巻&デザート7月号(5/24発売)で応募者全員にクリアファイルをプレゼント!



『まいりました、先輩』4巻をCHECK&購入する


――『まいりました、先輩』、いよいよ4巻が発売ですね!
今回は4巻の発売を記念して、本作の誕生秘話から
最新巻の見どころまでいろいろと伺いたいと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします!


馬瀬:
はい、インタビューは初めてでドキドキですが、
どうぞよろしくお願いします!


――各巻、発売後に即重版! 世里奈と先輩の“憧れカップル”ぶりが話題ですね!!
「水川先輩かっこよすぎ♥」と毎話、素敵彼氏すぎる先輩に
まいっちゃっている人も多いのではないかと思います!


まいりました、先輩 あらすじ:
高校に入学して2か月目、自分の机に男の子の文字であるラブソングの
歌詞がラクガキされていることに気づいた世里奈。
そこに返事を書いたことから、ラクガキをした張本人で1つ年上の
水川先輩と急接近して――。
⇒1話目のお試し読みはコチラ


  ■作品誕生のきっかけはアクション映画!?


――さっそく最新4巻の見どころをお聞きしたいところですが、
その前に、まずは『まいりました、先輩』という物語が
どういう経緯から誕生したのかということから教えてください!


馬瀬:
実は、映画の『マッドマックス』がきっかけなんです(笑)。


――え! アクション映画ですよね?

馬瀬:
はい(笑)。 『マッドマックス』ってカーアクションが映画の9割を占めるのですが、
観た時にすごく面白かったんですよね。
それで、9割がカーアクションでも十分作品として成立するんだ!
だったら9割がいちゃいちゃしている漫画があっても
いいんじゃないか
と思ったんです。


――少女マンガ誕生のきっかけがカーアクションだなんて、
想像もしませんでした…!(笑)


馬瀬:
そうですよね(笑)。
それで、高校生が主人公の恋愛もので、
付き合ってから、それもお見合い結婚くらいの距離感から
始まるラブストーリーを描こう
と決めました。
2人の関係性については、クラスメイトだとお互いすでに知っている
間柄からのスタートになってしまうし、
違う学校にしてしまうとエピソードが限られる。
それで、最終的に先輩と後輩という関係になりました。


まいりました、先輩 近いようで、ちょっと遠い先輩と後輩の関係。
世里奈の思いきった行動が、2人を“恋人同士”に変えて――。


――付き合ってからの恋を描きたいと思ったのはなぜですか?

馬瀬:
私自身、付き合ってからの恋を描いているマンガのほうが好きだったということと、
“ロマンチック”を思いっきり描いてみたら おもしろいんじゃないかと思ったからです。


――確かに『まいりました、先輩』には
恋人同士だからこそのロマンチックなエピソードが満載ですもんね!!


  ■あえて“ノンキャラ”を描く


――では、肝心の世里奈と水川先輩というキャラクターは、
どうやって作られていったのでしょう?


馬瀬:
いまもキャラクターは決めていない
…というのが正しい気がします。


――えっ、そうなんですか?

馬瀬:
少女マンガというと、
たとえば”●●系男子”といったキャラクター付けが
必須だろうと思っていたんです。
ただ、この作品を描き始める時に、
あえて“ノンキャラ”を描こうと思いました。
主人公はどこにでもいる普通の女の子と男の子にしようと。
いまも、特殊なことは考えないようにしています。


――世里奈と水川先輩、一読者の視点からみると、
2人ともしっかり輪郭のあるキャラクターに思えるので、
すごく意外でした…!


馬瀬:
“先輩らしさ”とはなんだろうかと考えて、
それを基準にお話を作ろうとしたこともあったのですが、
どうもうまくいかなくて…。それよりも、
高校生の男の子が大好きな彼女を喜ばせようと思ったら
どんな行動を取るかな?
というところから、
ストーリーを発想するようにしています。
結局、それが“キャラ”になっているのかもしれません。


  ■ラブシーンの数々について


――そんな水川先輩の世里奈への言葉や行動に
キュンキュンしている読者はすごく多いと思うのですが、
これらの魅力的なラブシーンの数々は
馬瀬さんの想像から生まれているのですか?


まいりました、先輩 ノータイムハグ、指一本、エアー…♥ などなど、
見ているだけでドキドキの名ラブシーンがいっぱいなのです(///ω///)。


馬瀬:
友達から聞いた話や自分の経験をベースに描いているシーンが5割、
いちから考えたシーンが5割という感じです。
でも、もともとストックしていたネタの数々は前半に惜しみなく
使ってしまったので、最近はほぼオリジナルです(笑)。


編集T橋:
打ち合わせでこんなラブシーンでいきましょうかと話していたネタが、
最終的にはそれ以上のものとしてあがってくるんです。
担当ながら、いつもすごいなと思わされます。


――個人的には誕生日プレゼントのシーンは、
まさに夢シチュエーション
だなと思いました(笑)。


まいりました、先輩
誕生日、先輩に買ってもらうネックレスを選べなかった世里奈に、
迷っていた2個ともプレゼントする水川先輩…!


馬瀬:
これはまさに友達カップルの話をベースにしています!


――そんな素敵な彼氏、うらやましすぎます!(笑)
ちなみにご自身の経験が生かされているシーンはどこでしょう?


馬瀬:
シーンではないですが、遊園地デートの話なんかはそうですね。
遊園地デートをすると、彼氏の元カノが脳裏をよぎるという、
“あるある”がネタ元
になっています。


――確かに「前にここに来た時にさあ…」なんて、
彼氏が発した何気ないひと言に、「前って何? 誰と来たの!?」と、
ひそかにもんもんとした経験がある人は多そうです…(笑)。


馬瀬:
そうですよね(笑)。
自分自身、一般的な恋愛をしてきたほうだと思うので、自分が感じたことや
経験したことを描いても特殊なことにはならないはずだという感覚を信じて
やってきています。


  ■両想いとはお互い努力していれば続くもの


――お気に入りのシーンやセリフはありますか?

馬瀬:
特に気に入っているモノローグがいくつかあります。


まいりました、先輩

1話目のこのモノローグは、
相手のことを好きとまではいかないけど、
気になっているという感じが出ていて
描きたいものが表現できたなと思っています。
あと、3話目のこのモノローグも気に入っています!


まいりました、先輩

両想いって、お互いが努力していれば続くと思っているので、
モノローグ考える時は、そういうものが多くなるのかなと思います。


編集T橋:
担当していても思うのですが、
馬瀬さんは本当に言葉に力があるんですよね。


――水川先輩が世里奈へ投げかける言葉も本当に直球ですよね。

まいりました、先輩
馬瀬:
でも、高校生の男の子で、彼女と長く続いている子は、
実際、これくらいのことは言ってるんじゃないのかなと思うんです。
高校生男子にとって彼女って、ただただかわいい
存在だろうな
って思うので。


――名シーン、水川先輩の「しよ」のシーンも、
すごく“リアルな男子”を感じて衝撃的でした!


まいりました、先輩
先輩達の旅行に入れてもらった世里奈。
夜、先輩と2人、ソファでくっついていると…!!?
このシーンは、コミックスの見開きいっぱいに描かれた。


馬瀬:
きっとこういう流れが自然だろうなと思ったんです。
そして女の子の立場からしたら、“ビビる”というのが
ナチュラルな反応だろうな
とも思いました。


――それで、先輩に「しよ」と言われた世里奈の衝撃を
ページの見開きいっぱいに描くことで表現
したということですね!


馬瀬:
はい、そうです。
きっとこういう時、男の子よりも女の子のほうが
心の準備ができていないだろうなと思うんです。


――すごく納得です。
それにしても馬瀬さんの“普通の高校生らしい”感覚は
どこからくるんですか?


馬瀬:
うーん…一生懸命、当時を思い出しています!(笑)
物語が“ノンキャラ”な主人公を描こうというところから
始まっているので、自分のことはもちろん、放課後に聞いた
友達の彼氏との話なんかも思い出して。
そういう身近にあったエピソードを参考にする
ようにしていますね。


――きっとそれが共感につながっているんでしょうね。
本作を描くうえで、一番大事にしていることはどんなことですか?


馬瀬:
読者が見たくないものは描かないようにする、ということでしょうか。
作品のネタを探すのに過去の恋愛を振り返ることがあるのですが、
不思議と辛いことを思い出さないんですよね。
絶対に悲しくて泣いたこともあったはずなのに。
なので、水川先輩と世里奈の間でも、
必要のないトラブルは起こさないようにしています
うまくいっている恋愛って、うれしいことを積み重ねていった結果、
長く付き合っている
んじゃないかなと思うんです。


  ■最新4巻の見どころは…?


――そしていよいよ最新4巻発売ですね。見どころはどこでしょう?

馬瀬:
海デート、ホワイトデー、新学期と、
まだまだ2人のいろんな表情が出てきます
ので、
ぜひ楽しんでもらいたいです。


――特に気に入っているシーンはありますか?

馬瀬:
制服で海デートのシーンです。


まいりました、先輩

私は経験したことのないシチュエーションだったので、
描いていてうれしかったですね。
それから先輩の両親を描けたのも楽しかったです。


編集T橋:
水川先輩の親を登場させるのに、2人にとって
“試練”にするかどうか、という話も出たんです。
でも馬瀬さんは、最初から水川先輩の両親は
世里奈をウェルカムに受け入れる人物像に
したいと言ってましたよね。


まいりました、先輩
世里奈、突然先輩のご両親と対面することに…!
どんなご両親かは4巻でご覧ください♥


馬瀬:
男の子3兄弟の家庭で息子が初めて彼女を連れてきたら、
親はきっと娘ができたみたいで喜ぶんじゃないかなと思ったんです。
ここも自然な展開ならどうなるかな?と、考えた結果です。


――4巻では、そんな恋人としてステップアップ中の2人と、
2年生のイケメンサッカー部員・檜口先輩の三角関係

気になるところです…!
私は4巻のこのシーンがもうドキドキでした!


まいりました、先輩 指さしゲーム中、「このなかで付き合うなら誰?」の質問で
檜口先輩が指さしたのは…!!?


馬瀬:
実はこのシーンも学生時代に実際にあったことが
ベース
になっているんです。
修学旅行の帰りの飛行機での出来事でした(笑)。


――なんと! それを聞いて、三角関係の行方が
ますます気になってきました(笑)。


馬瀬:
このあとの展開は…実はまだ考えていなくて、
自分でも楽しみにしています!
私も世里奈と水川先輩には幸せになってほしいと
思っているけど、どうなるんでしょう?(笑)


――これまで以上に2人から目が離せませんね…!!
では、最後に読者のみなさんにひと言いただけますでしょうか。


馬瀬:
読んでくださっている読者のみなさんのおかげで
2人を描き続けることができています。
本当に本当に本当にありがとうございます!
これからも頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします!


――今日はありがとうございました!
ドキドキもキュンも甘々な展開も満載の 『まいりました、先輩』最新4巻、
絶賛発売中です!
さらに4巻と連動の馬瀬さん初の応募者全員プレゼント企画が
5月24日発売の「デザート」7月号で始まっちゃいます!
ぜひぜひご応募お待ちしています!


そして、これからも応援よろしくお願いします!



まいりました、先輩

第1話無料お試し読み 作品紹介ページはこちらから
第4巻お試し読み 購入はこちらから

デザートがもっと好きになるスペシャルコンテンツ「ラブデザ」はこちらから



atomがわが家にやってくる。人口知能ロボット 週刊鉄腕アトムを作ろう!