デザート デザート無料お試し読み KC コミックス一覧 投稿者の方はコチラ!! ニュース一覧
TOPページデザート最新ニュース

「恋わずらいのエリー」×「まいりました、先輩」
ドラマCD発売記念で夢のコラボが実現♥

「恋わずらいのエリー」×「まいりました、先輩」
ドラマCD発売記念で夢のコラボが実現♥

『恋わずらいのエリー』と、『まいりました、先輩』の
ドラマCD発売を記念して、「デザート」7月号では夢の企画が満載!


News1:表紙&ふろくCDでコラボ!


2020年5月24日発売の「デザート」7月号は、なんと藤ももさんと、馬瀬あずささんのコラボ表紙!
しかも『恋わずらいのエリー』のエリー&オミくん、『まいりました、先輩』の水川先輩&世里奈の4人が共演する“ふろくCD”付き♥
『恋わずらいのエリー』は今号で最終回なので、そちらもお見逃しなく!!
  デザート7月号

サンプルボイスを聴く!


News2:藤ももさん×馬瀬あずささん 初対談!


「デザート」7月号には、藤ももさん×馬瀬あずささんの対談記事も掲載! このページでは、本誌には掲載できなかった“こぼれ話”をご紹介しちゃいます!
本誌やふろくCDとあわせてお楽しみください♪
  「恋わずらいのエリー」×「まいりました、先輩」

“こぼれ話”を読む!


News3:最新コミックスにはボイス特典あり♥


発売中の『恋わずらいのエリー』11巻には、ドラマCDでオミくん役を演じた岡本信彦さんのボイスが。6月11日発売の『まいりました、先輩』9巻には、水川先輩役を演じた細谷佳正さんのボイスが特典として付いてきます♪

\発売中!/
恋わずらいのエリー(11)
恋わずらいのエリー(11)
藤もも

お試し読み 作品紹介

\6/11発売!/
まいりました、先輩(9)
まいりました、先輩(9)
馬瀬あずさ

お試し読み 作品紹介



News4:キュンキュンがすぎる…♥ ドラマCD発売!


『恋わずらいのエリー』と、『まいりました、先輩』がドラマCD化! 両作品とも、名シーンや名台詞がぎゅ~っと詰まった内容で、原作ファンのみなさんもトキメキと、キュンキュンと、ニヤニヤが止まらないはず♥

\発売中!/
『恋わずらいのエリー』ドラマCD
『恋わずらいのエリー』ドラマCD
<出演>
小澤亜李、 岡本信彦、
興津和幸、大西沙織、白井悠介

価格:3,000円(+税)
品番:GHZ-007
JANコード:4589444440123
\6/17発売!/
『まいりました、先輩』ドラマCD
『まいりました、先輩』ドラマCD
<出演>
細谷佳正、洲崎綾、KENN

価格:3,000円(+税)
品番:SGHZ-008
JANコード:4589444440130

詳しくは⇒https://www.sugarhz.jp/



\本誌には入りきらなかったこぼれ話を掲載♥/
藤ももさん×馬瀬あずささんスペシャル対談

『恋わずらいのエリー』と『まいりました、先輩』のドラマCD発売を記念して、「デザート」7月号には藤ももさん×馬瀬あずささんの対談が掲載!
このページでは、本誌には入りきらなかった対談の“こぼれ話”をご紹介しちゃいます♥



Q1. 『恋わずらいのエリー』と『まいりました、先輩』のドラマCD化のお話がきた時に、作者としてなにかリクエストしたことはありますか?

馬瀬(以下、馬):
『まいりました、先輩』は先輩との恋がテーマなので、制作会社の方にその部分を中心にしたいということは伝えましたが、基本的に内容はお任せしました。
今回のドラマCDに登場するキャラクターは、水川先輩、世里奈、樋口先輩の3人。シナリオの候補には、樋口先輩が出ないパターンもあったのですが、最終的には読者の方へのサービスになるものはどれか考えて、樋口先輩が出てくるものを選びました。


藤もも(以下、藤):
『恋わずらいのエリー』もいくつか候補をいただいて、KC4巻に収録されているクリスマスのお話を入れたバージョンなんかもあったのですが、いろいろと考えた結果、“2人がお互いに恋を自覚するまで”の初々しいバージョンで進めてもらいました。


――聴いてみてどうでしたか?

藤: すごくよかったです!

馬: どの声優さんの声も本当にすごくよくて。なかでも水川先輩役の細谷さんの声が素敵で、収録後に改めてサンプルボイスを聴いてしまいました(笑)

Q2.「デザート」7月号に付いている“ふろくCD”では、なんとエリー、オミくん、水川先輩、世里奈の4人が“声”で共演していますが、キャラクターたちが作品を超えて交流している様子はどうでしたか?

藤: 水川先輩がめちゃくちゃかっこよかったです! アンニュイなんだけど、でもこういう男子高生いるよね! という感じがすごく出ていて。

馬: オミくんが水川先輩にちょっと気を遣っている感じや、エリーと世里奈の2人の勢いに戸惑っている水川先輩というのも、おもしろかった!(笑)

藤: そうそう、世里奈ちゃんとエリー、オミくんの3人がわちゃわちゃやっているところを、水川先輩が先輩らしくまとめてくれているところなんかも、らしくてすごくよかったですよね(笑)。

――「デザート」7月号の“ふろくCD”では、オミくんの名台詞を水川先輩が、水川先輩の名台詞をオミくんが言うシーンが出てきますよね?

藤: “ふろくCD”では、水川先輩の「でも、もし……あと70年続くものの、最初の10分なら関係ないかもね。付き合おうか」という台詞をオミくんが言うのですが、それがすごくよくて! 「付き合おうか」という台詞は、『恋わずらいのエリー』の作中には出てこない台詞なので、こんなにキュンキュンするのなら、描けばよかったなぁと思いました!

馬: 水川先輩が言うのは、オミくんの「『あんたと一緒にいたい』って素直に言えないよーな、めんどくせー俺でいーの?」という台詞なのですが、藤ももさんのセリフはいつも、一癖あって自分じゃ思いつかないものばかりで憧れます! 水川先輩も初期はひねくれているので、もしも先輩と世里奈が同級生だったら、こんな感じの付き合い始めだったのかも…と思い、面白かったです!

Q3.お2人はプライベートでも遊んだりするのでしょうか?

馬: 私はもともと東京にいたのですが、数年前に夫の転勤で藤ももさんのいる名古屋へ引っ越すことになって。以来、プライベートでも会う機会が増えました。引っ越すことに決まったときは、真っ先に「どこに住めばいいですか?」っていう相談しましたよね(笑)。

藤: オススメの区とか、周辺の環境とかまとめて連絡しましたね(笑)。

馬: 藤ももさん以外の知り合いは誰もいない状態で引っ越したので、「遊んでくださいー!」って連絡したりして。ちょうど『春待つ僕ら』の映画が公開されたタイミングだったので、一緒に観に行って、帰りにカフェでお茶しました!

藤: 馬瀬さん、あの時コーヒーのフタを道路に落としちゃって、車が取りに来ているのにがんばって取りに行こうとしていて危なかったっていう思い出が(笑)。

馬: あはは、そういえば藤ももさんに「命のほうが大事だからやめてー!!」って、止められた記憶がある(笑)。

Q4.『恋わずらいのエリー』は「デザート」7月号で最終回、『まいりました、先輩』も完結まであと数話とのことですが、今後描きたいテーマはあるのでしょうか?

藤: 考えているものはあるのですが、形にならないと嫌なので、あえてここでは秘密にしておきます(笑)。

馬: いま描いているものがとても楽しいので、同じような作品を描けたらなと思います。かっこいい男の子と、かわいい女の子が描きたいです。それ以上のことはないかも。

藤: うん、私もそれすごいわかります!

Q5.最後に読者のみなさんにメッセージをお願いします!

藤: 2015年の連載スタートから5年。今はこれまでのことが、走馬灯のようにぐるぐるとしているのですが、『恋わずらいのエリー』は、本当は4話くらいで終わるはずだった連載でした。それが、読者のみなさんが応援してくれたおかげでこんなにも長く続けられたこと、本当に感謝しています。「デザート」7月号に掲載されている最終回は、読者のみなさんへの感謝の気持ちを込めて、プレゼントになるような最終回を贈りたいと思っています。これまでありがとうございました!

馬: 私も藤ももさんと同じで、最初はこんなにも連載が長く続くとは思っていませんでした。でも、長く続いたからこそ描かせてもらえたシーンがたくさんあったので、読者のみなさんには感謝しかありません。作品は、誰も読んでいないと思ったら描けません。読者のみなさんがいてくれたからこそ、これまで頑張ってこられました。私はずっと読んでくださっている読者のみなさんは、この連載のおかげでできた仲間だと思っています。最後に「楽しかったな、この漫画」と思ってもらえるように、完結まで楽しいシーンをたくさん描きたいなと思います!

――今日はありがとうございました!

「デザート」7月号には藤ももさんと、馬瀬あずささんの初対談を掲載! 作品やドラマCDのことはもちろん、2人の出会いや、プライベートなどなど、本誌でしか読めないエピソードがいっぱい♥ ぜひチェックしてくださいね!




atomがわが家にやってくる。人口知能ロボット 週刊鉄腕アトムを作ろう!